胡蝶蘭の人気の理由

胡蝶蘭は、「会社設立」「開店祝い」「引っ越し」「新築」などのお祝いの花として贈られています。フラワーギフトとして胡蝶蘭を贈る理由は、高貴で優雅な見た目だけではなく、他にも人気の理由があるのです。

□花言葉。植物はそれぞれ象徴的な意味を担っています。胡蝶蘭の場合は、「幸福が飛んでくる」という花言葉があります。贈り主は、胡蝶蘭を贈った後も更なる発展を願っているという意味合いがあります。そのため、法人間でのお祝いで頻繁に贈られています。実は、胡蝶蘭の色によっても花言葉が違ってきます。「幸福が飛んでくる」という花言葉は共通ですが、他にも「白=清純」、「ピンク=あなたを愛しています」という花言葉もあります。ここから、法人間でのやりとりだけではなく、結婚式やプロポーズ、母の日なんかにもギフトとして人気があります。

□花粉や香りが少ない。他の花と比較すると花粉が少なく、香りもほとんどないため、生花を飾りにくい病院や飲食店などへのギフトとして利用でき、場所や環境を選ばなければならないということが少ないのです。

□高価だからこそのギフト。胡蝶蘭は、花の中でも高価なものです。見た目も豪華であり、他のフラワーギフトよりも見劣りすることはないという安心感から選ばれることも多いようです。そして、胡蝶蘭は日本各地で栽培されており需要も高いため、1年中生産されているため、時期ではないから品物がないということがほとんどないのです。贈り物をもらって嫌な気分をする方はいないでしょう。どうせならより良いものを贈りたいものです。