贈る際のマナー

せっかくのギフトも贈るタイミングやマナーにより相手に不愉快な思いをさせてしまうこともあります。胡蝶蘭をフラワーギフトとして贈る際には、マナーに気をつけましょう。

□胡蝶蘭のサイズ。胡蝶蘭には、大振りの花びらが特徴の「大輪」と卓上に飾ることのできる「ミディ」のものがあります。開店祝いなどには「大輪」、プライベートで個人に贈るものならば「ミディ」とそれぞれの目的に合わせて贈らなければなりません。

□祝札の存在。ギフトでは、ただ単に胡蝶蘭などの花を贈れば良いというものではありません。花とともに「祝札」をつけるのはマナーです。ビジネス間では、特に重要となり、ビジネスマナーのひとつでもあります。それぞれの目的別に祝札の書き方などもあります。お店に注文する際には、きちんと目的を伝え、最適な祝札を用意してもらわなければならないのです。

□贈るタイミング。何事もタイミングが重要といいますが、フラワーギフトであっても贈るタイミングというのは重要なものです。
◎会社設立や開店祝いなどの場合。設立日や開店当日というのは、現場がバタバタしてしまい何かと忙しいものです。予定日の前日もしくは前々日に到着するように贈りましょう。◎就任祝や昇進祝などの場合。正式な決定が出た後から、着任するまでに贈るのがマナーです。胡蝶蘭は贈られる側の身分に合わせて大きさを選びましょう。
◎退職祝いなどの場合。頂いた方が家に持ち帰るものです。大きさなどには配慮しましょう。贈るタイミングは、退職当日もしくは退職後です。間違っても退職前に届かないように注意しなければなりません。フラワーギフトを贈るにあたっても相手のことを配慮して贈らなければなりません。